スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIWA STRASSER CSD-XR7の修理

2014年最初の更新です。今回は某所で頂いたアイワのラジカセの修理です。
このラジカセは、1989年ごろに発売されたラジカセのようです。
このラジカセの製造元であるアイワは、現在ではかつて存在した企業となってしまいました・・・・
ブランド名は「STRASSER」ストラッサーと言います。
CSD-XR7
動作確認をしたところ、カセットデッキは両方使用でき、ラジオはAMのみ受信確認をしました。しかし、
CDが認識せず、CDを入れてもディスクが回らなかったので修理を試みました。
分解には、長いプラスドライバーが必要です。
さっそく分解。分解するにあたっては、長いプラスドライバーが必要です。
また、ねじは背面のほかに電池ボックスの中に3つあるので注意してください。
CDユニット部分
メイン基板と独立しているCDユニットを取り外したところです。CDユニットにはメイン基板からコネクタが接続されているので、あらかじめはずしておきます。
ピックアップユニットはKSS-150Bです。
CDユニットのピックアップはKSS-150Bです。
IMG_0150.jpg
ピックアップレンズを綿棒で清掃します。

その後、組み立てて動作を確認したものの、やはりCDが認識できませんでした。シークモーターは動いているようでしたが、スピンドルモーターが回らず、もう一度分解し、モータを交換して組み立てても動作しなかったので回路に問題があるようです・・・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

直るといいですね。

回路が原因だとちょっと難しいですね。同一機種が大量にあればいいのですが、そうもいかないし。
「CSD-XR7」で検索をすると、ここが3番目に出てくるのにびっくりです。
直るといいですね。ゆっくり楽しんでください。
プロフィール

hatisoft (ローエンド)

Author:hatisoft (ローエンド)
趣味はパソコンいじり
ビデオデッキいじり、オーディオ機器いじりです。
たまにフィルムカメラや、ワープロ専用機を集めています。
「ハチス電気」という電気屋をやっているわけではありませんので勘違いしないようご注意ください。
修理に際しては、必ず電源コンセントを抜いて自己責任で作業をしてください。
プロフィール画像のキャラクターは、TDKのメタルテープ
「MA-XG」をイメージして作ったものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
時計
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。